教員採用試験のための3つのサポート

ヨコセンでは、1年次から日々の時間割の中に教員採用試験対策の時間を設けて2年次の夏に受験する教員採用試験に備えます。長期休暇中に行われる教員採用試験対策特別講座には、在校生だけでなく、現場で働く卒業生も一緒に参加します。横浜高等教育専門学校が2年間という最短期間で教員採用試験合格者を輩出する3つのサポートを紹介します。

POINT1

模擬授業対策
教員採用試験は各自治体で試験方法が異なりますが、多くの自治体で行われいるのが「模擬授業」です。これは自分が先生になり実際に子どもたちへの授業を行う試験です。ヨコセンでは、指導力向上のために普段の授業の中で模擬授業を取り入れています。授業の中で一人ひとりが先生役として授業を展開し子どもたちへの指導方法を学ぶことができるので、教員採用試験本番でもヨコセンで学んだことそのまま生かすことができます。

POINT2

面接対策
教員採用試験の面接試験は、個人面接と集団面接の両方が行われるケースが多くあります。個人面接では、一人ひとりが教員の資質をしっかりと表現できるアドバイスや実際の教育現場でのトラブルを想定したロールプレイを何度も練習して、教員としてどう行動すべきか様々な視点から考え、身に付けます。集団面接では、自分の意見だけではなく、他の人が話している際の注意点などを学びます。

POINT3

筆記試験・
小論文試験対策
筆記試験は一般教養問題が出題されることが多く、これまでの学校教育で勉強してきたことをしっかり習得できているかがポイントです。横専では、長い歴史の中で培われたノウハウを活かして予想される問題や学習すべき重要ポイントをしっかりと復習して、確実に基礎学力を底上げします。また、小論文の添削指導を常時行っているので、教育の時事問題を含めた内容や小論文の構成の仕方等をしっかり学ぶことができます。
教員採用試験までの
スケジュール

教員採用試験までのスケジュール