アイコンMessage History

校長メッセージ

未来を担う
子どもたちのために
本校は、1960年に横浜女子専門学校として開校し、以来60年に渡って文部科学省(文部省)ならびに厚生労働省(厚生省)指定の小学校教諭、養護教諭、幼稚園教諭及び保育士の養成機関として、多数の人材を輩出してきました。そして現在、神奈川県や横浜市を始めとして全国の教育や保育の場で、本校の卒業生が活躍をしております。
もとより教育や保育の仕事は、子どもたちの人格形成に関わる極めて重要かつ責任の思い仕事です。本校は、常にこのことを念頭に置きながら、幅広い教養とより高い専門性、より確実な実践力を学生に修得させるべく、教育の推進を図っているところであります。
未来を担う子どもたちの教育や保育の仕事に向かって、志を持つ多くの人々が本校で夢を実現されることを願っております。

菅原秀也 校長

本学の教育方針

建学の精神
「必要で信頼される人となる」
本校は、当初幼児教育の指導者の養成機関としてスタートし、次いで養護教諭、小学校教諭の養成校として歩んできたわけですが、一貫して本校が目指してきたものは、本校建学の精神である「必要で信頼される人となる」であります。
すなわち、世に期待され、求められる保育者や教育者、正に世の中で必要とされる人材の育成であり、子どもたちや保護者、更に社会から確固たる信頼が得られる指導者の育成であります。
本校は、これからもこの建学の精神のもと、一層優れた教師や保育士の育成に全力で取り組んでいきます。
教育理念
保育者・教育者である前に人間であれ
保育や教育に携わる者は、そのための知識・技術等が大切なことは勿論ですが、その前に何と言っても大切なことは人間性であり、人格です。人間として温かみのある、心豊かな人材の育成は何よりも大切であり、本校は常にこのことを念頭に、健全な倫理観に基づいた全人教育を目指しています。
保育や教育のエキスパートとなれ
保育者や教師として子どもたちを指導するには、深い教養と専門性、的確な指導力が求められます。今まで学んできた基礎・基本の上に立って、専門的な知識・技術、確かな指導力を身に付け、それぞれのエキスパートとなることを目指しています。
本校の特性を生かした実践力を
本校は、教員免許、保育士資格が2年間で取得できる全国でも数少ない専門学校であり、それだけに、カリキュラムも中身の濃い、また現場で即役に立つ演習や実技を多く取り入れた授業を行っています。このような本校の特性を生かして、学生が確かな実践力を磨くようにしています。

沿革

沿革一覧
  • 1947年 4月

    前身の横浜ドレスメーカー女学院設立
  • 1959年 12月

    横浜女子専門学校の設置認可
  • 1960年 4月

    横浜女子専門学校開校
  • 1964年 4月

    保育科に幼稚園教諭養成コース開設
  • 1970年 4月

    養護科を開設
    保育科に保母養成コースを開設
  • 1974年 4月

    保育科を児童科に名称変更
    児童科初等課程を開設
  • 1976年 4月

    横浜女子専門学校を横浜高等教育専門学校に校名変更
  • 1981年 4月

    横浜高等教育専門学校を専修学校専門課程に変更認可
  • 2009年 11月

    創立50周年に伴い、記念式典等挙行
  • 2020年 6月

    創立60周年