卒業生の声/養護科
人生で一番勉強できた2年間
園田 美穂 先生

横浜隼人中学校・高等学校
養護科 平成28年3月卒業

 大学卒業後、3年ほど一般企業に勤めたのですが、養護教諭をめざそうと決め、2年間で免許が取れる“横専”を選びました。
 クラスのおよそ半分は大卒や社会人でした。自分が一番年上かと思ったら、まだまだ上の人がいて安心しました。優秀な人も多くて、はじめは打ちのめされそうになったんです。でも同時に、「この中で一番になりたい」とやる気がわいてきて、自分の負けず嫌いに火がつきました。  大学と違って“横専”はクラス制なので、仲間意識が強く、みんなで頑張ろうという雰囲気がありました。クラスメイトは、切磋琢磨し合える良きライバルのような関係です。「もう後がない」と勉強に励んでいる友達に、私も追いつこうと必死でした。人生で一番勉強した2年間だったと思います。
 先生方はとても親身になってくださり、何でも気軽に相談できる環境でした。時間外に指導案や模擬授業を見てもらうこともあり、いつもフレキシブルに対応してくださったことに感謝しています。
 同じ学園の高校の養護教諭として着任して早3年目、忙しくも楽しい毎日です。「教員は何を経験しても糧になる職業だから」という先輩の言葉が、今も私の支えになっています。回り道をしたけれど、こういう夢の叶え方もある。「こうしている時間も、きっと無駄じゃないよ」。保健室を訪れる生徒たちにも、そう伝えたいです。