卒業生の声/児童科初等課程
自分の選んだ道を貫いた
兵頭 雅貴 先生

大和市立小学校教諭
児童科初等課程 平成25年3月卒業

小学校教諭の夢を追いかけて

大学の法学部に在籍していた当時は警察官を目指していました。
3年になって、そろそろ進路を考える時期に、1年間、小学生と一緒に近隣の清掃ボランティアを行いました。そこで、最初は頼りなかった6年生が日増しに頼もしくなる姿を目のあたりにしたとき、子どもが成長する場面に向き合える、小学校教諭の仕事に興味を持ちました。
当初の目標だった警察官の採用試験を受け、兵庫県警には合格しましたが、気になったことを追求したい自分の性格から、小学校教諭への思いは断ち切れず、県警の採用を辞退しました。
大学では教職課程も履修しておらず、新たなスタートは教員免許の取得から始まりました。大学院進学も考えましたが、家族の反対もあったので、なるべく早く資格を取りたいと考えました。
一緒に就職活動をしていた仲間に、同じように小学校教諭に進路を変更した友人がいました。教員免許が取れる専門学校を調べていた彼から、横浜高等教育専門学校のことを聞き、説明会に参加しました。大学よりも先生との距離が近いと感じ、横浜高等教育専門学校に入学することに決めました。説明会では先輩にもいろいろな経歴の人がいたので、大学を卒業後に入学する不安も和らいでいました。

先生との距離が近い専門学校

横浜高等教育専門学校のいいところは、2年という短期間だからこそ、教員免許取得という目標のために集中できることです。毎日、放課後、図書室に残って教員採用試験の勉強をしました。1年の授業から教員採用試験対策があるので、早くから意識することができました。
想像していた通り、授業では先生に質問がしやすく、先生も真摯に答えてくださいました。特に印象に残っている授業は教育原理です。教育現場での経験豊富な先生方から、教科書には出ていない実践的な内容を教えていただきました。私たちの未熟な意見を受け入れながらも、「でも、こうなんだ」と丁寧に指導してくださいました。「子どもの実態を考えること」。今、教壇に立って、つくづくその言葉の重さを考えさせられます。
専門学校在学中は「はまっ子」の指導員やスクールライフサポーターを通して、子どもたちと接する時間を作りました。神奈川県教育委員会が将来の教育を担う人材を育成するために開講している「かながわティーチャーズカレッジ」の選考にも通り、専門学校の仲間たちと受講しました。その仲間たちも今はみんな正規採用されて、大和市や座間市で小学校の先生をしています。

卒業生まで教員採用試験の受験をサポート

1回目の教員採用試験は一次試験で不合格でしたが、臨時的任用として小学校の教壇に立ちながら、翌年の採用試験の準備をしました。2回目の採用試験ではその経験が生きました。面接では自分が教室で実践した指導内容やクラスの現状を話せたので、説得力があったと思います。また、勤めていた小学校の先生方が模擬授業を見てくださり、アドバイスもいただきました。
二次試験を前に専門学校の先生方にも面接指導をしていただきました。卒業生に対しても、同じように親身に指導をしていただけて、感謝しています。今、教壇に立っているのも先生方のおかげであったと、専門学校時代の友人たちと話しています。
今の課題は「子どもが楽しいと思える授業、子ども自らが学びたいと思う授業を行うこと」です。そのために普段から児童と信頼関係を築き、夢に向かって頑張ることができる子どもたちを育てていきたいと思います。

[平成27年8月取材]