卒業生の声/児童科初等課程
人とのつながりが大きく広がりました
藤咲 涼平 先生

横須賀市立小学校
児童科初等課程 平成30年3月卒業

 私は放送・映像系の専門学校を卒業し、就職して1年ほど経つと、機械相手の仕事に疑問を感じるようになりました。“横専”を卒業して小学校教諭になった兄の話を聞くうちに教師の仕事に興味がわき、オープンキャンパスで先輩たちの楽しそうな様子を見て、自分も挑戦してみたいと決意しました。
 クラスには、一丸となって頑張ろうという仲間意識がありました。私より年上のクラスメイトもいて、様々な人生経験の話を聞くのがとても楽しみでした。
 兄の勧めで神奈川県の教員養成講座「かながわティーチャーズカレッジ」に応募しました。“横専”の先生に論文試験のサポートをしていただき、選考に通った時はとてもうれしかったです。講座の中でとくに勉強になったのは、小学校でのボランティアです。“横専”の授業で学んだことを、現場の体験を通してより深めることができました。
 心強かったのは、卒業生も参加する教員採用二次試験対策です。他の人の模擬授業を見たり、教育委員会で経験のある先生に模擬面接をしていただいたりしたことが役に立ちました。 “横専”で良かったことは何より、いい仲間との出会いを通して、人とのつながりがとてつもなく広がったことです。自分の学生生活の中で、あの2年間が一番楽しく充実していたと感じています。
 今は小学3年生の担任をしていますが、毎日が本当に楽しく、日々子どもたちの成長を見ることが大きなやりがいです。