卒業生の声/児童科初等課程
同じ目標や夢を持つ人と一緒だから頑張れた
新井 健祐 先生

相模原市立小学校教諭
児童科初等課程 平成27年3月卒業

一生の仕事を真剣に考え、進路変更

高校を卒業した時は「みんなと同じ道を行こう」と漠然と考えていて、大学の経済部に進学しました。しかし、将来就こうと考えていた営業職の仕事を在学中にアルバイトとして経験した結果、イメージしていた仕事とは異なることが分かりました。自分にとって、一生の仕事にできるとは思えませんでした。
改めて、自分は何がしたいのか真剣に考えました。その答えが小学校教諭でした。
幼い頃から先生への憧れはありましたが、自分の中で勝手に無理ではないかと結論を出してあきらめていました。しかし、「これからどう生きていくのだろう」と突き詰めて考えた結果、小学校教諭に挑戦したいという想いにたどり着きました。その進路選択に一筋の光りが射したのは、横浜高等教育専門学校との出会いでした。

なくてはならない仲間と先生方との出会い

私は一度、大学を経験しているので、横浜高等教育専門学校へは教員免許を取得するためだけに入学し、一人で勉強を頑張るつもりでした。
しかし、入学すると周囲は同じ目標を持つ人ばかり。自分と同じ夢を持つこの人たちと一緒なら、教師として自分を高めていけるという高揚感を感じました。また、さまざまな経験を持って入学してくる人と話すことで、視野が広がったと思います。私はこの2年間、授業や学校生活で仲間と切磋琢磨していく中で、なくてはならない仲間を作ることができました。
横浜高等教育専門学校の先生方は個性豊かで小学校で校長を経験された方も多く、現場での話を考察を含めて学生に伝えてくれます。経験者の生の話を聞くことができるのは貴重な時間でした。個人へのフォローも手厚く、提出したプリントにびっしりコメントをくださる先生もいました。実際の教員採用試験対策や面接のノウハウも、親身になって教えていただきました。
そのような授業が私の力となり、横浜高等教育専門学校からの学校推薦もいただいて相模原市の教員採用試験にストレートで合格することができました。

子どもの思いを理解できる教師に

自分の生まれ育った地元で教師として働くことができるのは、本当に幸せなことです。同じ目標を持つ仲間や先生方がいたからこそ頑張れたし、結果を出すことができました。仲間との付き合いは卒業後ももちろんつながっています。最近は結婚の報告もあったりして、感慨深いです。
小学校に勤務して、横浜高等教育専門学校で学んだことが授業や学級経営の根幹にあることを実感しています。
現在の一番の課題は子どもの思いを理解すること、児童理解です。児童理解は教師としての経験も必要ですが、何よりも「子どもをより理解したい」という思いが大切だと考えています。授業でも、成績をつける時でも、常に子どもたちに真剣に向き合う教師でありたいです。
児童理解力を高め、子どもたちの可能性をより引き出せる教師になるために、これからも自分を高めていかなければならないと思っています。

[平成28年7月取材]