卒業生の声/児童科初等課程
児童に一番近い目線と子どもたちへの思いで全力投球
大道 美帆 先生

横浜市立小学校教諭
児童科初等課程 平成28年3月卒業

小学校と幼稚園の先生 どちらの免許も取れる学校

高校卒業後の進路については、ギリギリまで迷っていました。看護師になろうとずっと思っていたんですけど、3年生になってから、「やっぱり幼稚園か小学校の先生がいいな」、と考えはじめました。
秋になって、同級生が進路を決めていく時期になっても「どうしよう、どうしよう?」と悩んでいたら、先に横浜高等教育専門学校に進学を決めた高校の同級生から「幼稚園も小学校も、両方の免許を2年間で取ることができるよ。どちらか決められないなら、両方取れるところに進学すれば」と教えてくれました。
横浜高等教育専門学校の学校説明会に行ってみたところ、個別相談でとても親身に話を聞いてくれました。「ここなら大丈夫!」と思って進学することに決めました。

友人と頑張った勉強の毎日、そして一発合格!

入学してからは、頑張って勉強しました。「教員採用試験は1回で合格したいな」、と考えていたので、毎日その日にやる勉強の目標を日記に書いて、学校でもらうプリントや参考書を数時間やることにしていました。
毎日勉強を続けることができたのは、横浜高等教育専門学校で出会った友達のおかげだと思います。大学に進学した高校時代の同級生から遊んでいる話を聞いたりすると、くじけそうになる時もあったのですが、横浜高等教育専門学校へ行くと隣で友達が練習問題を解いています。「私も頑張らなきゃ!」と自然と乗り越えることができました。友達の存在がとても励みになりました。
横浜高等教育専門学校はさまざまな経歴の同級生がいます。授業の一環として模擬授業の時間もあったのですが、会社で働いたことのある人や大学で高校の教員免許を取得した人は子どもの引きつけ方が上手で参考になりました。模擬授業は採用試験の2次試験の課題でもあるので、とても役に立ったと思います。
私が2年間で感じたことは、友達と一緒に高めあえる環境はとても大切だということです。
努力の甲斐あり、私は横浜市、友人は栃木県で小学校の正規採用、もう1人の友人は目標だった幼稚園の先生になることができました。

子どもと近い目線が強み

「20歳の先生」は、保護者の皆さんからビックリされることもあります。でも、子どもたちに一番近い目線であることが、私の強みだと思っています。休み時間はいつも子どもと遊びますし、放課後も会議がない時はできるだけ子どもたちと一緒に過ごしています。
自分の担任するクラスの子どもたちは、本当にかわいいです。私が子どもを好きになったのは高校の時のボランティアがきっかけなのですが、その時とは比べものにならないほどの愛情があふれ出てきます。夏休みは、子どもたちと長い間会えなくなるので寂しくなってしまうくらいです。
これからも自分らしく、子どもたちのために頑張りたいと思います。

[平成28年8月取材]