卒業生の声/児童科保育課程
2つの資格で認定こども園に
清島 知晃 先生

学校法人森学園 認定こども園いのやま
児童科保育課程 平成29年3月卒業

少人数制で、先生との距離も近かった

“横専”を選んだのは、子どもがとても好きで、高校の担任の先生に、2年間で幼稚園教諭の免許と保育士の資格、2つが取れるこの専門学校を勧められ、見学に行ったのがきっかけです。
“横専”は少人数制、クラス制の学校です。高校に似ていて、大学よりも魅力を感じたので進学を決めました。入学してみると、先生との距離が近く、高校生のときと生活リズムがあまり変わらなかったことも良かったです。

初めてのピアノも、しっかりサポート

授業の中でとくに役に立ったのは、ピアノです。鍵盤にさわったこともなく、入学するまでは不安だらけだったのですが、一人一人のペースに合わせて指導していただいたおかげで、今では園でもスムーズに弾くことができます。
クラスメイトは、大卒の人や社会人経験のある人など、歳の離れた人もいましたが、すぐに仲良くなれました。とくに作品を作って発表するといった制作の授業では、自分にはないユニークなアイディアに、「こうすればいいのか!」という発見がありました。
心強かったのは、いつも近くにいてくれた先生の存在です。なんでも話すことができ、いつも親身になって相談にのってくださいました。

保育園と幼稚園、両方の良さがある認定こども園

“横専”では保育士資格と幼稚園教諭免許の両方が取れるので、2つが必要な「保育教諭」として、この幼保連携型の認定こども園に就職することができました。
はじめは保育園を希望していましたが、「認定こども園」であるこの園で幼稚園実習を行い、その縁でチャレンジすることに。担任の先生に相談すると、認定こども園はこれから増えていくだろうし、この園は幼稚園と保育園の両方の機能をあわせ持つ幼保連携型なので、その中で働くことはプラスになるのでは、とアドバイスをいただきました。
現在、4歳児の年中さんの担任をしています。保育園と幼稚園、両方の良さがあり、いろいろな成長過程の子どもに接することができるのが魅力です。

[平成29年8月取材]