卒業生の声/児童科保育課程
2つの免許・資格を生かし認定こども園に
星崎 まりな 先生

認定こども園鎌倉みどり学園・鎌倉みどりこども園保育教諭
児童科保育課程平成27年3月卒業

いろいろな年代の学生がいる専門学校

もともとは幼稚園の先生になりたいという希望がありました。教育学部に進学して幼稚園教諭の免許を取る方法もありましたが、人に関わることも学びたかったので社会学部に進み、児童から老人福祉まで幅広く社会福祉を学びました。ゼミでは日本の福祉施設などを調査していました。大学卒業後一年間、社会に出て、学費を貯めて、改めて資格を取るために専門学校に入学することにしました。
インターネットで横浜の保育系専門学校を探し、幼稚園教諭免許と保育士資格が取れる専門学校に絞り込み、見学しました。横浜高等教育専門学校に進路を決めたのは、いろいろな年代の学生がいると聞いたことが、一番の理由でした。

愛情たっぷりの先生方の指導

実際に入学してみると、高校新卒の学生も多かったのですが、既卒で真面目に勉強している学生も多く、いろいろな年代の学生と関われて、新鮮さや刺激があって、よかったです。授業では体を動かすことが好きなので、ダンスなどの体育系の科目が好きでした。模擬授業を行う実践的な授業は現場でとても役に立ちました。月齢ごとに日案を書いて、狙いを定めて、どう進めていくか。今、同じように日々の進行を組み立てています。
専門学校では先生方の存在は大きかったです。大事なことを要点をつかんで、的確に教えていただけました。指摘されるところも納得でき、どんなことに対しても、学生たちに注がれる愛情がすごいなと感じました。
幼稚園実習は順調に実習を行うことができ、就職に際しても声も掛けていただきましたが、幼稚園もいずれは認定こども園に移行する傾向があることを考え、幼稚園教諭免許と保育士資格の両方が生かせる「認定こども園」に応募しました。鎌倉みどり学園は認定こども園になってから3年目で、あまり時間を経過していない園の方が、職員としても溶け込みやすいと考えたからです。

認定こども園づくりに関われる喜び

鎌倉みどり学園は鎌倉みどり幼稚園と鎌倉みどり保育園が併設された幼保連携型の認定こども園です。0歳児から2歳児まで保育園として園児を受け入れ、3歳児、4歳児、5歳児の場合は、保育園児は朝7時から延長保育を含めると夜7時まで預かり、幼稚園児は朝9時から午後2時までが保育時間で、この時間内は幼稚園児と保育園児が一緒に活動を行います。私は現在、幼稚園の年少さんを担当していますが、幼稚園の活動時間外や夏休みや土曜日など合同で保育するときには保育園の活動にも加わります。園としても年々システムが整備されていて、認定こども園づくりに加われることも、新しい施設の魅力です。
この園では体育ローテーションといって、遊びの中でいろいろなことに取り組んでいます。最初は列に並べなかった園児が、列に並べるようになったり、鉄棒ができるようになったり、跳び箱が跳べるようになったり、子どもたちはどんどん成長していきます。
今、心がけているのは、子どもたちができているところ、いいところをほめるようにして、みんなが「僕も頑張ろう」とついて来てくれるようにすることです。園児たちが「まりな先生」と呼んでくれるのがうれしい毎日です。どんなときも楽しさを忘ず、子どもたちと楽しむことを大切にしていきたいです。

[平成27年9月取材]